未分類

かつらを長持ちさせるコツはありますか

更新日:

かつらを長持ちさせるコツはありますか

 

★ベース(土台)の素材を考える。

ベースの耐久性を考えると
モノネット >インジェクション >シルク > スキン> フレンチレース >ナノスキン・スイスレース の順番で
「モノネットベース」が一番耐久性が高く
「ナノスキン、スイスレース」が一番耐久性が低いです。

ベース部分の耐久性目安ですが、
モノネットで周囲の縁を厚めに加工した場合
約2~4年程。

ナノスキン・スイスレースの場合
数ヶ月~半年程度です。

もちろん装着方法や日々のメンテナンス(お手入れの仕方)によって耐久性大きく変化します。

「生え際全体をださない・見せないスタイル」がお好みであれば、
全周囲に「縁」を使用することで、耐久性が上がります。

ピン(ストッパー)で使用するならば、
「折り返し加工」にすることで縁使用よりも強度を上げることができます。(但し、折り返し加工部分はテープ使用には向きません。テープが付きにくくなります。)
詳しくは折り返し加工をご覧ください。

詳しいベースの特長、写真等は「各ベースの特長」をご覧ください。

★人工毛をミックスする。

人毛にはやはり「ヒトの毛である自然な風合い」があります。
ただ人工毛と比べると耐久性は低くなります。

そこで人工毛を20~30%程度ミックスすることで、自然な風合いを保ちながら、耐久性を上げることができます。

 

 

カツラ・貼り付け増毛で気になること、わからないことがございましたら、
お気軽に⇨お問い合わせ」ください。

お客様からの質問へ戻る

トップページに戻る

 

次の質問
「かつらの発注関連の質問」に移る。

-未分類

Copyright© かつら屋ドットコム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.