注文方法

テンプレートの作り方

更新日:

テンプレート(かつら・貼る増毛の型)の作り方

  • 用意して頂きたいもの

・ラップ(出来れば大きいサイズ)

・セロハンテープ又は透明テープ(ビニールテープ不可)

・水性ペン (ホワイトボード用の水性ペンが便利です。)

・油性ペン

・ハサミ

ほぼ全て「100円ショップ」で手にはいるものばかりです。

 テンプレートの作り方 カツラ  頭の上にラップを乗せ、ラップの両サイドを巻き取ります。
特にフロント部分にピッタリくるようにします。
 テンプレートの作り方 カツラ  巻きとった両サイドのラップを首の下で結びます。この時もフロント部分がピッタリくるようにしてください。
あまり強く結ぶと首が締まるので気をつけてください。
 テンプレートの作り方 カツラ  フロント部分から横向きにテープを隙間なく貼っていきます。後ろまで同じように横向きに貼っていき、この作業を2回(2往復)繰り返します。(二重重ね)
写真ではわかりやすいように「黒テープ」を一部使用していますが、実際は透明テープを使用してください。
 テンプレートの作り方 カツラ  フロントから後ろまで2回(2往復)した状態。
 テンプレートの作り方 カツラ  テープを貼り終えたら、ペンの中央部分などを利用して、頭皮に軽く押しつけ、こすります。テープ間のシワ・空気を出して、より頭皮とピッタリとした状態にします。
あまり強くこすると、痛みがでるので気をつけてください。
 テンプレートの作り方 カツラ  横向きが終われば、縦向きにテープを左右全体に貼っていきます。この作業も2回(2往復)してください。

写真ではわかりやすいように「黒テープ」を一部使用していますが、実際は透明テープを使用してください。
 テンプレートの作り方 カツラ  4重(横向き2回、縦向き2回)のテープを貼った状態。
この状態で前回同様にテープの中央部分で軽く押さえつけながら、全体をこすり頭皮とピッタリとしたテンプレートにします。
 テンプレートの作り方 カツラ  テープを貼り終えたら、水性ペンで真ん中に線を書きます。後ほどこの線が 折り目になります。
「水性ペン」を使用したほうが、線の修正が楽にできます。ティッシュ等で簡単に線が消えます。
最終的に「油性ペン」で仕上げたほうが便利です。
 テンプレートの作り方 カツラ  眉毛から約指4本分のところに印(A)をつけます。
また薄毛が進行している部分にも印(B)をつけます。
 テンプレートの作り方 カツラ  印Aと印Bを結んで線を書き、フロントカーブを決めます。反対サイドも同様にします。
このカーブの角度により見た目の印象が変わります。詳しくはフロントカーブの違いを御覧ください。
 テンプレートの作り方 カツラ  サイドの状態。
薄毛が進行しているところに線を書きます。反対サイドも同様にします。

注意点:ピンで装着する場合はこの線より約3センチ程下にラインを書いてください。写真上の黒い線ですと、ピンが止まらなくなります。
 テンプレートの作り方 カツラ  ここでラップを頭から外し、書き終えたラインよりも数センチ外で一度ラップを切ります。
真ん中のラインを 折り目にして、両サイドを重ねて、書いた線が左右対称になるように修正します。

もう一度と頭に乗せて、ちゃんとフィットしているかをチェックします。
 テンプレートの作り方 カツラ  最終的に出来上がった線を「油性ペン」で書き仕上げます。(水性ペンの線を油性ペンでなぞれば、大丈夫です。)
フロント(前部分)に「F」後ろに「B」と書いてください。
また「つむじ」部分に「☓」印を書いてください。
「つむじ」の印は必ず作ってください。
 テンプレートの作り方 カツラ  最後に周囲の線で切り取ります。
お名前をローマ字で書き込んでください。

最後は全て「油性ペン」で書き込んでください水性ペンだと作業中に消えていくしまいます。

毛の流れ、スタイルは次のページ:ヘアースタイルの選び方をご覧ください。

このテンプレートは注文フォームにて:
ヘアースタイル:「左つむじ、分け目あり」を選択
縁:「横と後ろに縁を使用」を選択
フロント素材は注文フォームより「ベース部位と同じ素材を使用」や「フレンチレース」等を選んだ「テンプレート」です。
 テンプレートの作り方 カツラ  注文フォームにて
ヘアースタイル:「中央つむじ、自然な前髪下ろし」を選択
分け目部位に「人工皮膚」もしくは「インジェクション加工」を選択
フロント素材は注文フォームより「ベース部位と同じ素材を使用」や「フレンチレース」等を選んだ「テンプレート」です。

注文フォームに書き漏れがなく、「つむじ」の印が書き込んであり、「F」と「B」の印があれば、テンプレートは 完成です。

☆毛の流れ、ヘアースタイルは次のページ:ヘアースタイルの選び方をご覧ください。

このテンプレートにサンプル毛を付けて送ってください。

サンプル毛の取り方

お客様の毛の色に合わせるためには、「サンプル毛」が必要になります。

もちろん「サンプル毛無し」で、色番号選択からでも作製はできます。(詳しくは⇨髪色についてを御覧ください)

ただ 「サンプル毛」があったほうが、よりお客様の髪色に合わせることができます。

 

用意して頂きたいもの

・ スキバサミ (これも最近は100円ショップで手にはいります。)

スキバサミでお客様の髪の毛を数箇所切って、サンプル毛を集めてください。

普通のハサミは使用しないことをおすすめします。
普通のハサミでご自分の毛を切ると、「ザックリ」切ってしまうことが多く、修正ができなくなる場合があります。

 

スキバサミで切った毛を集めて、根本をセロハンテープでまとめてください。
セロハンテープより上の部分が、少なくとも3センチはあるようにしてください。
まとめた「幅」も3ミリ以上の毛量が必要です。
あまり毛量が少ないと工場にて、色合せができなくなることがあります。

出来上がった「サンプル毛」をテンプレートにしっかりと貼り付けてください。

 

テンプレートがフィットしない場合の対策

テンプレートを作製した後に、ご自分の頭にのせた際、フィットしない場合があります。

  • テンプレートの前や後ろが浮いた感じになる。
    テンプレートが頭の形より「大きく」なっている状態。
  • テンプレートが頭皮にピッタリとくっついていない。(隙間ができる)
    テンプレートが頭の形より「小さく」なっている状態。

このような場合は、基本的には 再度テンプレートを作り直す事をおすすめします。

但し 「フィットするように修正する方法」もあります。

写真ではわかりやすいようにテンプレートを「白テープ」で作っていますが、本来はセロハンテープ(透明テープ)で作製してください。

テンプレートが
「大きい」場合
作業内容
   テンプレートが浮いている状態。
頭の形よりテンプレートが「大きく」なってしまった状態。
   ハサミで3~4センチ程「切り込み」をいれる。
   「切り込み」を入れた部分を左右に重ねて、頭皮にピッタリとフィットさせる。
   完全に頭皮にピッタリとフィットしているか確かめる。
   最後に「切り込み」部分をテープでしっかりと補修・補強してください。
写真はわかりやすいように赤色テープを使用していますが、本来はセロハンテープで補修・補強してください。

 

テンプレートが
「小さい」場合
作業内容
   テンプレートを頭にのせた時に頭皮とテンプレートの間に隙間ができ、ボコボコした感じがする。
写真のように指でテンプレートを押さえると 凹む。
頭の形よりテンプレートが「小さく」なってしまった状態。
   ハサミで3~4センチ程「切り込み」をいれる。
 テンプレートの作り方 カツラ  「切り込み」部分を伸ばして、頭皮にピッタリとフィットさせる。
   テンプレートが頭皮にピッタリフィットした状態でテープによりしっかりと補修・補強してください。
写真はわかりやすいように赤色テープを使用していますが、本来はセロハンテープで補修・補強してください。

わからないことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

次のページヘアースタイル・髪の流れ方へ移動する。

-注文方法

Copyright© かつら屋ドットコム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.