自然に見せるコツ

装着位置・装着方法

更新日:

かつら・貼る増毛の装着位置・装着方法

装着位置によりイメージがかなり変わります。

眉毛から指4本分くらいあけて装着するのが自然

 

カツラの装着方法 カツラの付け方
写真をワンクリックで拡大します。

この3枚の写真ではすべて同じかつら(フレンチレースベース、周囲全体に薄い縁使用、人毛100%、毛量80%)を使用し、装着の位置を変えています。

基本的にはかつらは眉毛から指4本分くらいあけて装着するのが一般的です。(真ん中の写真)

  • 左端の写真は約指2本程度しかあけていません。なんとなく・・
    不自然さ(ひたいが狭すぎる)・・・を感じるかもしれません。
  • 中央の写真が指4本分あけて装着しています。一番自然(一般的)な装着位置です。
  • 右端は指約5程度あけて装着しています。40歳代後半から50歳代のお客様にはこれくらいでもよろしいのではないかと思います。

装着方法によりイメージがかなり変わります。

自然な(ばれにくい)かつらの最大のポイントは

かつらのベース(特にフロント部分)と頭皮を「密着」させる事。

ピッタリと装着(密着)するほうが自然に見えやすくなります。

かつらが「浮いて」見えると不自然に見えやすい。(ばれやすい)

バレやすいカツラ

写真をワンクリックで拡大します。

この3枚の写真もすべて同じかつら(インジェクションベース、周囲全体に薄い縁使用、人毛100%、毛量70%)です。

  • 左端の写真はではかなり、かつらが浮いてしまっているので、「ボウシのようなイメージ」(浮いた感じ、乗っかっている感じ)になりやすいです。
  • 真ん中の写真はフロント部分に「ピン」を使用した場合の状態です。

ピンを使用すると:写真中央(フロント部分をピンで装着)

フロント部分と頭皮(地肌)に少し距離ができます。
フロント部分にピンをご希望の場合は前髪を下ろした「生え際を見せないスタイル」をお勧めします。

右端はフロント部分をテープで密着させているので一番スッキリしたイメージになりやすいです。

「テープ使用」と「ピン使用」に関する詳細は「こちら」(テープ使用かピン使用か)をご覧ください。

わからないことがございましたら、お気軽に⇨お問い合わせ」ください。

次のページシャンプー&セットへ移動する。

 

-自然に見せるコツ

Copyright© かつら屋ドットコム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.